ミニチュア・ダックスの恋(れん)にイトコ登場。 スタンダード・プードルのスタンと仲良くなれるのか!?
| Admin |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_08080001.jpg

にゃちこさん、正確な生年月日がわかりません。
夫の父方の叔母宅からもらってきたコだそうです。
夫が大学一回生の夏休みに帰省したとき、迎えの車内で小学生の妹がなにか黒い物体を胸に抱いていて、いぶかしんでいるとそれが「ニャー」と鳴いたそうで。
なので、にゃちこさんの年齢はそのときの夫の記憶を基に計算しています。

今年で23歳、ですか。
ずいぶん長生きしましたね。

でもね、まだまだ生きると思ってました。
このコは将来、妖怪になるんだと思ってました。

DSCF0142.jpg

今朝のことです。
階下から私を呼ぶおかーさんの声で目が覚めました。
急いで降りていくと、洗面所の床ににゃちこさんが横たわっていました。

ここ最近の習慣どおり、起きてトイレに行くおかーさんについてきてごはん台に乗せてもらい、カリカリを食べたそうです。
おかーさんはトイレを済ませて洗面所に向かい、顔を洗ったそうです。
にゃちこさんが台から飛び降りて自分についてきた気配を察していたので、タオルで拭いてそちらを見たら、倒れて痙攣していたそうです。

私が見たときには微動だにしていませんでした。
正確ではないだろうけど、心臓マッサージをしました。
名前を呼びながら続けました。
しかし彼女が息を吹き返すことはありませんでした。

DSCF2042.jpg

状況から、おそらく心臓発作だと思われます。
残念ながら、近所はおろか県内には救急の動物病院がないので、寿命と受け止めるしかありません。

DSCF4410.jpg

私は嫁いできてからなのでたった10年しか付き合いがありませんが、まーふてぶてしいお猫さまでね。
とにかく愛想がない。いつもムスッとしていて、背中は貫禄に満ちていて、かわいい鳴き声で誰かに擦り寄るところなんて見たことない。
ただ、おかーさんだけには全幅の信頼をおいて、甘えていました。
大好きな大好きなおかーさんに看取ってもらえて、その点だけは良かったのかな。

DSCN1974.jpg

久しぶりの記事がこんな内容で申し訳ないです。
パソコンがじわじわ不調に追い込まれていたことに気づかないまま使っていたことにやっと気づいて、夫のお古を譲り受け、復活できました。

今は茶の間のつづきの仏間に安置しているのですが、れんが吠えて吠えて止まりません。
「お姉ちゃまの様子がおかしいです!」
柵越しに起こそうとしているようです。
ずっと興奮状態なのもいろいろ困るので、納得させるためにも顔を見せてやったのですが、包んでいるタオルを引っ張ったりダンボール箱を噛んだり口元を舐めたり、危なっかしくて。
その後は少しやんだのですが、定期的に箱に向かって吠えたり、誰かが動くとせわしなくついて回ったり、只事でない様子にそっちの方が心配だってばよ。

一方のスタンはといえば、いつもどおりまったりしているようにも見えるのですが、なんとなく生気がありません。
こっちも心配だー。

明日の午前中、火葬に出します。
お骨はもらってくる予定ですが、祭壇は作らず仏壇にあげるつもりです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。