ミニチュア・ダックスの恋(れん)にイトコ登場。 スタンダード・プードルのスタンと仲良くなれるのか!?
| Admin |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013スタン闘病記録(1)

去年の夏~秋もフードの食いつきが悪く調子が落ちていたスタン。
今年はついに病院のお世話になってしまいました。
以下、記録として経過を記しておくことにします。

10月6日(日)
朝からやたらと排便の回数が多く、しかもゆるい。
21時過ぎ
夕飯直前に吐く。ふやけたフード、片手に山盛りくらい。

10月7日(月)
朝、起こしに行く。室内での粗相、嘔吐なし。いつもどおり朝ごはん完食。
12:30~13:30
この一時間で計三回嘔吐、朝ごはんをすべて吐く。
14:10
胃液嘔吐。
14:40
ゆるい便。
16時過ぎ
小指の先ほどの正常な便。その後もトイレの近くをウロウロ。便意だけは猛烈にある模様。
17時過ぎ
腸がギュルギュル鳴りまくっている。
17:11
胃液嘔吐。さすがに看過できず動物病院へ。
18:30
問診、検温、検便。結果、悪い菌はナシ。しかし便内菌の動きが鈍く、おそらく胃腸炎だろうとのこと。内服薬3種を処方してもらう。食欲があるなら食べさせてもよいと言われる。
20:30
服薬。
21時
フード50gをふやかして食べさせる。自発的には食べないので少しずつ口元に運んでやる。完食。
***私と夫は食べさせない方がいいと言ったのだが、おかーさんの「ツワリと同じで、とにかく食べさせないと体力落ちちゃう」に強く反論できず。次に動物病院へ行くまで食べさせ続けるのだが、のちにこれを後悔することとなる。
23時
部屋で寝させる。


→ (2)に続く

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。