ミニチュア・ダックスの恋(れん)にイトコ登場。 スタンダード・プードルのスタンと仲良くなれるのか!?
| Admin |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月末に義妹・ちっひーが入籍しました。
我が家から車で数十分のところにアパートを借りて、旦那くんと二人暮らししてます。
旦那くんは関東の人ですが、こっちで就職先を見つけて移住してくれた、とっても奇特な人です(笑)

で、コンデジを持って行かれてしまったのですよ。
いや、もともと所有者はちっひーだったんですけどね。
カメラは私のもあるけど、非コンパクトなデジカメなので、れんスタとのお出掛けには使いづらくて。
2頭分のリードを持つのも、お出掛けバッグを持つのも、カメラを操作するのも、私一人ですから。
だからコンパクトなデジカメが欲しい。

せっかく買うからには、以前のコンデジの不満点を解消したい。
そして、れんスタを連れて歩く私が使うための条件を挙げてみると、以下のとおり。

●もっとズームができる(以前のは光学ズーム5倍。10倍以上は欲しい)
●片手で操作でき、持ちやすい(薄い・小さいよりは、厚め・大きめ)
●広角側の画角はなるべく広い(以前のは35mm判換算で28mm)
●起動が早い
●夜の室内でもキレイに撮れる

私のデジカメと以前のコンデジは富士フイルム製。
なので最初に候補に上がったのは、FinePix F550EXR
いろいろ調べてみると評価も悪くないらしい。

でも、3台続けてFinePixというのもちょっと面白味がないかもね。
と思って探してみると、あったよ、条件に合うのが。
それがニコン製の、COOLPIX S9100
こちらのクチコミやレビューは、F550EXRに比べると少なめ。
S9100 が発売されてから、型落ちの S8100 の方が売れてるらしい。
どれどれ。
S8100 はマクロで約1cmまで寄れる、光学ズーム10倍、手ブレ補正はレンズシフト方式、1.5万円前後
S9100 はマクロ約4cm、光学ズーム18倍、イメージセンサーシフトと電子式の併用、3万円切ったくらい
私はズームの倍率を最優先し、やはり S9100 を候補に。

F550EXR と S9100、この2機はよく比較されるようで。
スペック、クチコミ、レビュー。ネットで調べられるところはすべて見た。
それでも迷う。やはり実物を触らねば。
というワケで、とある週末に夫を伴って家電量販店巡り。
納得いくまで触って、やっと決まりました。




COOLPIX S9100 です。
これに5年保証をつけました。
別の楽天のお店で、SDHCカード(4GB・class10)、液晶保護シートをそれぞれ購入。

で、何故 S9100 に決めたか。

●モードダイヤルとメニューが使いやすかった
FinePix は、そういえばメニュー操作がちょっと煩わしかったよなぁ…と、S9100 のデモ機を触りながら思い出しました。
S9100 はモードダイヤルを回すだけでほとんどのシチュエーションが選べます。とくに私が気に入ったのは「逆光」と「連写」。このふたつは私の欲しい&よく使う機能で、そこに合わせるだけでいいのがなんともラクチン。
写真の削除もボタンひとつで飛べる。
どんなシーンを撮るか、それさえ選べば狙って→ピピッと→カシャッ。
この機動性が、私の使用場面にはマッチしていると思えました。

●フラッシュが勝手に上がらない
F550EXR は、電源を入れるとフラッシュが自動的にポップアップします。
もちろん押し戻せばいいのだけど、毎回それじゃ鬱陶しい。片手を2頭分のリードで塞がれている状態で、毎度毎度余計な操作はしたくない。
ちょっとしたことだけど、自分が使う状況を想像すると S9100 に軍配が上がりました。

●形がカッコよかった
F550EXR の赤がシャア様っぽくていいなぁ(笑)と思っていたのですが、形の好みは S9100 の方でした。
キリッと四角くて、佇まいが端正で。
やはり色は赤(グロリアスレッド)にしました。だって黒とかシルバーとか、ありふれたのはイヤなんだもん。
マゼンタ寄りの赤なので大人っぽいイメージがあって、自分には合わないかもと思ったけど、なんとか大丈夫そうでした(笑)

●焦点距離の幅
S9100 は、4.5-81.0mm(35mm判換算で25-450mm相当の撮影画角)あります。
私は、両端は直には使いません。どのデジカメでも、です。
だって最広角はどうしても画が歪むし、最望遠は暗くてブレるから。両端は正直、緊急用だと思ってます。
焦点距離が長ければ、両端を使わないにしてもそれなりに対応できるかな、と。


実際にカメラが届いて少し使ってみましたが、なかなかいいですよ。
試し撮りも兼ねて、仙台のお友だちとお出掛けしてきました。
それは次回に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。